★腰痛において一番気を付けなければいけない事は、危険信号を知ることです。

 

・常に痛く、安静にしていても痛みがある。(尿管結石、胆石、腫瘍などの疑い)

・背骨を叩いてもらうと痛みがでる。(骨折の疑い)

・熱がでてきた。(感染症の疑い)

・排尿・排便の異常、肛門周辺の感覚異常(中枢神経系の疑い)

など上記の症状が見られる場合は、鍼灸不適応ですので迷わず病院へ行きましょう。

 

上記の症状や外傷が無く、何かきっかけのある腰痛は筋肉の問題で起こるものが、ほとんどなので鍼灸により改善します。

 

腰部において

筋肉は縮めながら力をだす時(短縮性収縮)と伸ばしながら力をだす時(伸張性収縮)があり、痛みの場所が複雑に成っています。

また慢性化すると筋肉は縮んだまま硬くなるので、筋肉を伸ばす時に痛みが出ることが多いです。

当院の鍼治療の主な考えは、筋肉の緊張を緩めて、血流を改善させ、痛みを取る事です。

 

 

※腰痛に関係する筋肉

・最長筋(腰を上から押すと痛む)

・腸肋筋(腰を横から押すと痛む、体を捻った時に痛む)

・多裂筋(腰の下の方の痛みはこの筋肉を疑います)

・大腰筋(腰が伸ばせない、深部の筋肉なので触診で腰に痛みがない場合は疑います。ギックリ腰の時は必須)

・腰方形筋(腰を横から押すと痛む、座っているのが辛い)

・腸骨筋(鼠径部の違和感

 

※お尻の筋肉の痛みを腰と間違う人も多いです。

・大殿筋

・中殿筋(座っている時に痛みがある)

・小殿筋

 

 

 

 

 

・広背筋・胸腰筋膜、下後鋸筋の下層に最長筋、腸肋筋がある。

・最長筋、腸肋筋の下層。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                       

・腰方形筋の下層に大腰筋がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

                       

 

引用 Visible Body