★腰部の大腰筋刺鍼 3寸(9㎝)-5番を使用。

 

・大腰筋は、腰の表面から約7㎝位奥にあるので、鍼をしっかりと筋肉に入れるには9㎝の鍼が必要です。

 

・ギックリ腰、坐骨神経痛などがある場合。

 

★殿部・股関節部の刺鍼例

 

・殿部痛、股関節部の痛み、坐骨神経痛、腰痛などがある場合。

★首肩の刺鍼例

 

・粗暴な手技は行わずに、しっかりと筋肉に刺入します。

 

・頭痛、頑固な首肩こり、背中の痛み、手や肩の痛みや痺れ、耳鳴り、めまい、などがある場合。